やわらかい肉かたい信用 川村精肉店

山本のページ

営業の山本

営業の山本です。

◆天下無双のホルモン男◆

ホルモンは安くてうまいんです。

牛・豚からとれるホルモンの種類は数知れず・・ 

その中からよりすぐれた(新鮮で質の良い)部位を仕入れるためには経験と実績が必要です。

よりすぐれたホルモンを仕入れる腕が値打ちを決めるんです。



豚の内臓肉である、ホルモン(豚ホルモン)についてご紹介します。

  豚ホルモンは、捨てるところがない位に、全部が薬になるとされ
  漢方の世界では、昔から人気の高い食材です。
  
  実際、豚のホルモンには、部位によって異なるものの、実に多くの
  ビタミン、ミネラルが豊富に含まれていて、特に肝臓であるレバー
  には、ビタミンA、B1、B2、鉄が豊富で、100グラムのレバーを
  摂ると一日の必要摂取労が摂取出来る程です。

  その為に貧血に有効ですし、その他にも、豚ホルモンには、
  ビタミンC、良質なたんぱく質、ビタミンE、コバルトなどが多く
  含まれています。

  この様に豊富な栄養素を含むために、豚ホルモンに、期待出来る
  健康効果も、貧血予防、ストレス解消、疲労回復、老化防止、
  虚弱体質改善、体力強化と豊富です。

  豚ホルモンは豚の内臓部分ですから、肝臓、腎臓、心臓、胃、腸、
  などの部分が入ります。

  この部位により、含有栄養素や、期待出来る健康効果も多少
  異なるので、一緒になっているものを購入するほうが良いでしょう。

  また、コレステロールやプリン体が多く含まれるので、
  コレステロールが高い方や痛風の方は、注意が必要です。

  ちなみに私の好きな部位は丸腸(シロコロホルモン)です。

powered by Quick Homepage Maker 4.91
based on PukiWiki 1.4.7 License is GPL. QHM

最新の更新 RSS  Valid XHTML 1.0 Transitional